お客様のロジックを自動売買システムに。MT4(MetaTrader 4)のEA、又はインジケーターに制作代行致します。

システムトレード講座

いらない取引を取り除くのがフィルター 一般的にフィルターとは、いらない物を取り除くもののことを言います。システムトレードでのフィルターも同じで、いらない取引を取り除くのがフィルターです。

例えば、移動平均線クロスで売買するシステムを作ったとします。しかし、バックテストをしてみるとある特定の月だけ成績がとても悪かったので、その月だけ売買しないようにしました。

このように、売買ルールを限定させる条件フィルターです。フィルターは、売買ルールを限定させることによって損をする取引を減らすことが出来ます。フィルターを複数つけて行けばリターンはそのままでリスクは極端に少なく出来ます。実際にその通りになったら夢のような機能なのですが、勿論デメリットもあります。

フィルターのデメリットは、売買ルールを限定させていますので、システムがカーブフィッティングする可能性が高くなります。フィルターを複数つけるということは、より過去の相場にぴったり合うようにシステムを作っているということになります。カーブフィッティングしてしまったシステムは過去の相場ではとても優秀な成績を出します。しかし、未来の相場では使えない可能性が高いと言えます。

このようにフィルターは便利な反面、デメリットもあります。フィルターを使う場合は、カーブフィッティングにならないかどうかを考えて使うことが重要です。


自動売買ルールはできるだけ詳しく記述頂く必要がございます。ご心配やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。またルールの「お見積例」をご用意いたしましたので、参考にして頂ければ幸いです。
  • お見積もり例を見る
  • 料金について
  • お問い合わせ

お見積りフォームへ

このページの先頭へ


制作依頼、お見積り
オーダシステム制作依頼はコチラ
システムトレード講座一覧へ 雑誌「9000万円稼ぐデイトレダーのfx自動売買入門」でお勧めの優良EA作成業者として紹介されました。
FX取引ツールに付いて

※当サイトではSSL暗号化技術のセキュリティにより、お客様の情報を保護しております。

Yahoo!カテゴリ登録サイト