お客様のロジックを自動売買システムに。MT4(MetaTrader 4)のEA、又はインジケーターに制作代行致します。

システムトレード講座

為替などの相場の取引を行っている人は、何かしらルールを持っていると思います。例えば、移動平均線のクロス、ローソク足の酒田五法、フィボナッチ係数など人によって手法は千差万別だと思います。

その手法が本当に使えるかどうかを確かめるために皆さんはどのように検証しましたか? 私は、裁量取引をしていた頃は実際にチャートと照らし合わせて見て確かめていました。物凄く面倒だったのを覚えています。

しかも、この方法だと短期間しか調べることしか出来ません。もっと簡単に、しかも長期間の検証を出来たら良いのにと思っていました。

バックテストそれを可能なのがバックテストです。バックテストとは、ツールを利用して、その売買ルールが過去の相場で通用したかどうかを調べることです。ツールを使用すれば、数年間分のチャートの検証も数秒で終了します。

実際にバックテストをしてみれば分かるのですが、今現在儲かっているシステムでも長期的に見れば、たまたまそのシステムが現在の相場にマッチしていただけで、長い期間ではかなりの損失を出していたことなどよくあります。

過去の相場で儲かったからと言って、現在の相場でも確実に儲かるわけではありません。それでも過去のデータから最大のドローダウン(一番酷いときでどれだけ資産が減ったか)、期待値(どれだけ投資したら幾ら儲かるという確率)などが分かり、未来の損益を予想しやすくなります。

システムトレーダーはまずこのバックテストをして、リスクが小さくてリターンが大きいシステムを開発します。そして、デモトレード(架空口座での取引)を行ってから、やっと実際の取引を行います。

デモトレードの段階で、バックテストでは優秀なシステムでも実際の相場では使えなかったシステムというのは沢山あるものです。それでも儲かるかどうかまったく分からないシステムよりも、儲かる確率が高いシステムを試した方が実際に儲かるシステムも出来やすいです。

このように、バックテストとは現在使っているシステムを検証するためにも、そして、これから儲かるシステムを作るためにも欠かせない重要な機能です。


自動売買ルールはできるだけ詳しく記述頂く必要がございます。ご心配やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。またルールの「お見積例」をご用意いたしましたので、参考にして頂ければ幸いです。
  • お見積もり例を見る
  • 料金について
  • お問い合わせ

お見積りフォームへ

このページの先頭へ


制作依頼、お見積り
オーダシステム制作依頼はコチラ
システムトレード講座一覧へ 雑誌「9000万円稼ぐデイトレダーのfx自動売買入門」でお勧めの優良EA作成業者として紹介されました。
FX取引ツールに付いて

※当サイトではSSL暗号化技術のセキュリティにより、お客様の情報を保護しております。

Yahoo!カテゴリ登録サイト