お客様のロジックを自動売買システムに。MT4(MetaTrader 4)のEA、又はインジケーターに制作代行致します。

システムトレード講座

Ask(アスク)とBid(ビッド)についての説明です。

Bidは売値のレートであり、現在レートと同じレートになります。
Askは買値のレートであり、現在レートにスプレッド分をプラスしたレートになります。

例えばドル円の現在レートが100.000、スプレッドが2pipsの場合は、Askが100.020、Bidが100.000になります。

このAskとBidの差額によってスプレッドを支払うことになります。


Askは買いエントリーと売りポジション決済時に使用、Bidは売りエントリーと買いポジション決済時に使用されます。


例えば現在レートが100.000の時に買いエントリーし、同じレートの時に買いポジションを決済したとしても、買いエントリーはAskですので100.020になり、買い決済はBidが使用されますので100.000になり、差額の2pips分のマイナスになります。


※AskとBidの差であるスプレッドは証券会社によって異なっています。



AskとBid

上記の画像のドル円ではBidが124.066、Askが124.087となっており、スプレッドは差額の2.1pipsとなります。



自動売買ルールはできるだけ詳しく記述頂く必要がございます。ご心配やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。またルールの「お見積例」をご用意いたしましたので、参考にして頂ければ幸いです。
  • お見積もり例を見る
  • 料金について
  • お問い合わせ

お見積りフォームへ

このページの先頭へ


制作依頼、お見積り
オーダシステム制作依頼はコチラ
システムトレード講座一覧へ 雑誌「9000万円稼ぐデイトレダーのfx自動売買入門」でお勧めの優良EA作成業者として紹介されました。
FX取引ツールに付いて

※当サイトではSSL暗号化技術のセキュリティにより、お客様の情報を保護しております。

Yahoo!カテゴリ登録サイト