お客様のロジックを自動売買システムに。MT4(MetaTrader 4)のEA、又はインジケーターに制作代行致します。

システムトレード講座

MT4がアップデートされてバージョンがBlud600以降になりました。 それに伴い、MT4が参照するフォルダの位置が変更され、EAやインジケーターを導入する場所が変更されました。以前のバージョンですと、EAを導入するのは

MT4をインストールしたフォルダ > experts

でしたが、Blud600以降は下記のようなフォルダになります。

C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥MetaQuotes¥Terminal¥30ほどの数字とアルファベットの羅列¥MQL4¥Experts

このようなところに変更されました。 このフォルダの参照方法ですが、下記が確実です。

MT4を立ち上げた後メニューバーの「ファイル」から「データフォルダを開く」を選択するとBuild600以降のMT4が参照するフォルダが立ち上がります。



データフォルダを開く

次にMQL4フォルダを開きます。



MQL4

EAを導入する場合は、Expertsへ入れてください。 インジケーターを導入する場合は、Indicatorsへ入れてください。



Experts


自動売買ルールはできるだけ詳しく記述頂く必要がございます。ご心配やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。またルールの「お見積例」をご用意いたしましたので、参考にして頂ければ幸いです。
  • お見積もり例を見る
  • 料金について
  • お問い合わせ

お見積りフォームへ

このページの先頭へ


制作依頼、お見積り
オーダシステム制作依頼はコチラ
システムトレード講座一覧へ 雑誌「9000万円稼ぐデイトレダーのfx自動売買入門」でお勧めの優良EA作成業者として紹介されました。
FX取引ツールに付いて

※当サイトではSSL暗号化技術のセキュリティにより、お客様の情報を保護しております。

Yahoo!カテゴリ登録サイト