お客様のロジックを自動売買システムに。MT4(MetaTrader 4)、MT5(MetaTrader 5)のEA、又はインジケーターに制作代行致します。

パラメーターの初期値の変更

パラメーターの初期値の変更方法について説明します。

例えばとあるパラメーターの初期値が2の場合、3、4、5…などに他の数値に変更可能ですが、EAをチャートに入れた時点での初期値は2になります。

基本的に5で使用してたまに数値を変えるような使い方をしている場合、毎回数値を2から5に変更する必要があります。

この場合、最初から初期値を5に変更すれば毎回このパラメーターの数値を変更する必要がなくなります。


・ 初期値を変更する方法の前段階

初期値を変更するEAのmq4ファイルを探します。

MT4 を立ち上げた後メニューバーの「ファイル」から「データフォルダを開く」を選択すると、その MT4 が参照するフォルダが立ち上がります。

そのフォルダから「MQL4」>「Experts」とフォルダを開き、中にあるmq4ファイルから対象のEAを探して開きます。
(ex4はソースファイルではなく実行ファイルになりますので開けませんのでご注意ください)
(プログラムを間違えて変更するとシステムが動かなくなる可能性がありますので念のためEAのコピーを作ってから実行することをお勧めします)


SampleSystem001.png




このような画面が出てきたと思います。

もしコメントが文字化けしている、もしくは言語が日本語化されていない場合は下記の-----の中をご覧ください。


-------------------------------------------------------------

言語が日本語化されていない場合は、上の方のメニューの所の Tools を選択して、その中にある Options を選びます。

新しいウィンドウが開きますので、上の方にある Font と書かれたタブを選んでください。
次に、左下の Font の中から、MS ゴシック、 MS 明朝など日本語表示が可能なものを選んでください。
(@が付いたものは選ばないで下さい)

最後に、右の方にある Script から日本語を選んで OK を押してください。

SampleSystem002.png



-------------------------------------------------------------


・ 初期値の変更方法について

ソースコードの上部にある input 型名 パラメーター名 = 数値; となっている部分を探して、数値だけ変更します。
(数値の部分が文字になっているものは次回の記事で説明させて頂きます)

パラメーター名はソースコードの別のところでも使用されていますが、inputと先頭についていないものは変更すると不具合が起きますので、お気を付けください。

また最後についている ;は必ず必要になりますので消さないでください。

数値は半角のみ使用可能です。


例えばlotsを0.01から0.02に変更する場合、0.01;の部分を0.02;に変更します。


input double lots = 0.01;



input double lots = 0.02;



数値の変更を終えたら最後にコンパイルを行います。

上の方のメニューの所のコンパイルをと書かれたボタンを押してください。


次に、エラーがないかどうか下に出てきたツールボックスを見てください。

0 error(s), 0 warning(s)

と書かれていれば、問題ありません。


SampleSystem003.png




最後にEAのパラメーターの初期値が変更になっているか確認してください。

前の数値が保存されている場合がありますので、パラメーター画面の右下にあるリセットを押して確認してください。

数値が変更されていれば初期値の変更は完了です。



自動売買ルールはできるだけ詳しく記述頂く必要がございます。ご心配やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。またルールの「お見積例」をご用意いたしましたので、参考にして頂ければ幸いです。
  • お見積もり例を見る
  • 料金について
  • お問い合わせ

お見積りフォームへ

このページの先頭へ


制作依頼、お見積り
オーダシステム制作依頼はコチラ
システムトレード講座一覧へ 雑誌「9000万円稼ぐデイトレダーのfx自動売買入門」でお勧めの優良EA作成業者として紹介されました。
FX取引ツールに付いて

※当サイトではSSL暗号化技術のセキュリティにより、お客様の情報を保護しております。

Yahoo!カテゴリ登録サイト