お客様のロジックを自動売買システムに。MT4(MetaTrader 4)、MT5(MetaTrader 5)のEA、又はインジケーターに制作代行致します。

 
取扱ツール特徴

MetaTrader4

日本にこのツールを使える業者が多くあります。

プログラムの自由度が高く、ほとんどのシステムが製作可能です。

バックテストが使い易く、様々な役に立つ機能があります。

MetaTrader5

基本的な特徴はMT4と同じですが、以下の様なメリット、デメリットがあります。

メリット
・有効にCPUの能力を活用できるマルチコアに対応。

・MQL5クラウドネットワークを使い、他のPCの能力も活用可能。
 これにより、バックテスト(最適化)の高速化が可能となります。

・バックテストで複数通貨ペアの同時取引などの検証が可能。

・使用できる時間足が9種類から21種類に増えました。


デメリット
・PCの消費メモリがMT4に比べると大きい。

・証券会社によっては両建てが不可。

・同一通貨ペアのポジションが複数ある時、証券会社によっては強制的に一つのポジションにまとめられる場合がある。
(証券会社の仕様に依存するため、上記に当てはまらない場合があります。)

・採用している証券会社がまだ少ない。

ダウンロード

MT4、MT5を採用している各証券会社のHPから


普及率ではMT4の方が高いため、証券会社側の対応、利用者の多さからMT4の情報量が多くなっているのでMT4は大変使いやすくなっています。 一方では、時間足の種類の豊富さ、バックテスト(最適化)の速度や複数通貨同時対応などの部分はMT5が優れています。

しかし、MT4とMT5には現在の所互換性がないため、同じインジケーターやシステムを使い回すことが出来ません。 この事もMT5の普及率に影響を与える要因となっていると考えられます。

何れにせよMetaTrader4、MetaTrader5は優秀なツールです。ほぼどのような内容のEAでも製作可能ですし、検証ツールとしてもとても役に立ちます。日本でもMetaTrader4を取り扱っている業者がいくつもありますので、実際に口座を作るときも大丈夫です。

また、バックテストだけを使いたい人にも、MetaTrader 4、MetaTrader 5がお勧めです。 実際に口座を開かなくてもデモ口座で充分使えます。

こちらにMetaTrader 4、MetaTrader 5のサンプルシステムをご用意しております。 自動売買が始めての方はぜひ一度お試し下さい。

自動売買ルールはできるだけ詳しく記述頂く必要がございます。ご心配やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。またルールの「お見積例」をご用意いたしましたので、参考にして頂ければ幸いです。
  • お見積もり例を見る
  • 料金について
  • お問い合わせ

お見積りフォームへ

このページの先頭へ


制作依頼、お見積り
オーダシステム制作依頼はコチラ
システムトレード講座一覧へ 雑誌「9000万円稼ぐデイトレダーのfx自動売買入門」でお勧めの優良EA作成業者として紹介されました。

※当サイトではSSL暗号化技術のセキュリティにより、お客様の情報を保護しております。

Yahoo!カテゴリ登録サイト